ヨガの簡単なポーズ

ヨガのイメージは体の柔らかい人があり、修行僧などのイメージを持つことがありますね。
しかし初心者でも簡単に始められます。
体がもし硬くても試すことの出来るポーズはいくつもあります。続けていくうちにじょじょに柔らかくなるのです。
筆者はヨガを始めるまでは、本当に体が硬かったそうです。前屈も出来ずにいつも悲鳴を上げていたと言います。
ヨガの教室でも片足立ちのポーズになると、ふらふらと右に左に動いてバランスを崩していたそうです。
こうしてとても恥ずかしい思いを何度もしてきたそうです。
誰にでもできる簡単なポーズを続けるうちにヨガを始めてから1ヶ月でヘッドスタンディングが一人で出来るようになりました。
このことで、簡単なポーズでも続けていれば身になると実感したのだそうです。
自宅で出来る簡単なものをご紹介しましょう。
空いた時間を有効に使えば、スクールに通わずにして手軽にヨガを楽しめます。
「赤ちゃんのポーズ」は、就寝前にリラックスしておこなうポーズです。
まず、仰向けになり、寝た状態で両足を折って、腕で抱えましょう。
これは整腸作用もあります。便秘の人は良いでしょう。
さらにパインツイストは、背中やウエストに効果があります。
仰向けになって両腕を体に対して90度の角度で伸ばしていきます。
片方の足は反対側に90度の角度までもっていき、顔は逆の方向を向きます。
この時に、ウエストが伸びる感覚があると思います。
これは背中を伸ばしたい場合にもOKです。
自宅でこのように簡単に出来るヨガはいくつもあります。簡単なものから、まず試して続けてみましょう。

TOPへ